『建築と日常』No.3-4 合併号

top

◎刊行記念イベント
建築と歴史の現在 | 石上純也×長谷川豪×長島明夫(司会)
in 法政大学55/58年館(設計=大江宏/解体予定/見学ツアー併催)
2015年6月27日(土)15:00〜(14:30開場) ……詳細



『建築と日常』No.3-4 合併号(特集:現在する歴史)
……オンラインショップAmazonマーケットプレイス
A5判/モノクロ/208頁/定価1800円+税/2015年3月31日刊行
ISBN978-4-9906610-2-1

巻頭言 002 ……誌面PDF

[インタヴュー]歴史としての建築|香山壽夫 【本文約20,000+18,000字】 ……冒頭部PDF
第1部 日常を支える秩序 006  第2部 様式が混在するとき 088

[アンケート]あなたがとりわけ歴史を感じる建築とその理由を教えてください 026 【合計約18,000字】
回答=槇 文彦、藤森照信、井上章一、畠山直哉、後藤 治、島村菜津、鈴木理策、小川次郎、古谷利裕、速水清孝、石上純也、桑木野幸司、結城秀勇、斧澤未知子

[抜粋集]建築家・大江宏の言葉(付録:現在する大江建築 ……誌面PDFカラー版) 048 【合計約13,000字】 ……冒頭部PDF
[インタヴュー]伝統とモダニズム──大江宏の言葉から|富永 讓 062 【本文約22,000字】 ……冒頭部PDF

[小説]化けもの屋敷(1977年)|吉田健一 107 ……後記PDF

[建築]4 episodes|atelier nishikata(小野弘人+西尾玲子) 写真=山岸 剛 134 ……冒頭部PDF写真&図面
[批評]建築は演算によってのみ出現する(演算過程においてしか、建築は存在しない)。|岡﨑乾二郎 140 【約7,000字】

[批評]《代田の町家》の危機(2013年)|長島明夫 151 【約2,900字】 ……誌面PDF
[インタヴュー]建築をめぐるいくつかの時間|坂本一成 154 【本文約50,000字】 ……冒頭部PDF

[エセー]歴史の現在|長島明夫 【各約1,500字】 ……「①引用」誌面PDF「③相撲」誌面PDF
①引用 046  ②お米 087  ③相撲 132  ④先生 207

表紙デザイン=大橋 修/thumb M
表紙図版:大江宏による歴史年表(部分) ……説明

編集・発行=長島明夫
印刷・製本=株式会社グラフィック



inserted by FC2 system