『日本の建築批評がどう語られてきたか』(『建築と日常』号外)

top

 ……イメージ写真

『日本の建築批評がどう語られてきたか』(『建築と日常』号外) ……オンラインショップ
A2判両面(4つ折り)/カラー/定価500円+税/2013年11月4日刊行
編集・発行=長島明夫 印刷=ユアプレス

●内容
0)刊行の主旨【約2,500字】
1)建築批評論年表[20世紀日本編]:雑誌などで発表された建築批評(または建築評論)についてのテキストを、1903年から2000年まで時系列で約160件記載。それぞれに短い引用やコメントを付して、日本の建築批評がどう語られてきたかを浮かび上がらせる【約25,000字】……抜粋1抜粋2抜粋3
2)長野宇平治「建築物の批評に就て」(1928):85年前の建築批評論を再録【約2,400字】



inserted by FC2 system